関西学院大学 競馬サークル エクリップスクラブ

関学を代表する競馬サークル、エクリップスクラブです。学園祭で結構大きなイベントをやったのを機に、再びネット上で活動してみようかと思いました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東スポ杯2歳S by ICOUCHI

2歳戦は、新馬戦で圧勝していた馬も上のレベルに上がり、一気のペースアップや馬群に揉まれて対応できなくなる馬が多い。

それでも評判馬や良血馬が人気しがちなのが2歳の重賞レース。

その馬の力を1、2戦で判断するのは難しく、だから馬券購入者はメディアに大きく左右されてしまうのだと思う。

過剰に人気が集まってくれる分、買える内容の競馬をしていたにもかかわらず人気がないという馬が現れ、配当面で狙いやすいのだ。

評判馬がそのまま活躍することもしばしばあるが、競馬というものは期待値な訳で、人気馬を買い続けたら損してしまう計算だ。それが過剰評価とあっては尚更のこと。
メディアによって奉られた過剰人気馬達が破れ去ったものなら、馬連でも簡単に万馬券になる。


人気が予想されるリフトザウイングスですが、
特に良い内容の競馬をしている訳でもないのに注目度で人気を集めている。
今の所キレる脚を見せていないし、東京でキレ負けする感じもする。
人気なのでここは消してこそ妙味。

サトノペガサスにも同じことが言える。


◎サダムパテック
新馬戦1600m
1000m通過64.7秒という超スローペース
(3F36.8-34.1/4F51.8-47.0)
の中、外から差し込み2着した脚を評価。映像で見ても凄さが分かる。

未勝利戦
(35.3-35.1-47.2-47.1)
平均ペースの中、先行して押しきった。新馬戦で黄菊賞2着のリベルタスと差のない競馬をしていたそのうち未勝利でもすぐに勝てるであろうレベルのダノンシャークに3馬身差つけた所を評価。


○トーセンケイトゥー
新馬戦1800m
(37.7-34.9/51-47.4)
1000m通過63.7秒の超スローペースの中、後ろ目につけて差し切り勝ち。
切れ味半端ない。
新馬戦で逃げて2着の、メイショウオオゾラの活躍(萩Sop2着)を見れば大物なのは間違いない。内容だけで言えばこの新馬戦が出走馬の中で最も評価できるが、疑問はキャリアの浅さで、速い流れになった時にどうかという点があり対抗に。


▲ダコール
新馬戦1600m
平均ペース(35.2-35.4/47.5-47.6)で先行押しきり圧勝したところを評価。

△マイネルラクリマ
新馬戦平均P先行勝ち。
新潟二歳SスローP先行2着。

△フェイトフルウォー
新馬戦はどスローで先行して勝っただけだが放馬して勝ったとこから底が知れなく怖いので抑えには。

大穴△セイカプリコーン
前走未勝利戦1600m、
ハイペース(34.3-35.6/46.8-48.1)
先行勝ち。



軸はサダムパテック、トーセンケイトゥーから

3連複は穴馬セイカプリコーンを軸にした馬券も買う。


馬連
◎―相手
○―相手

3連複
◎○―相手
◎○―穴馬―相手

印にあわせて金額を振り分ける方式で。

ICOUCHI

| 未分類 | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eclipseclub.blog90.fc2.com/tb.php/104-45dfb19e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。