FC2ブログ

関西学院大学 競馬サークル エクリップスクラブ

関学を代表する競馬サークル、エクリップスクラブです。学園祭で結構大きなイベントをやったのを機に、再びネット上で活動してみようかと思いました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

阪神JF part2

舞台は阪神外回り1600m戦です。
長い直線の影響からそのほとんどが極端な瞬発力勝負になる舞台設定です。したがって、スローペース濃厚といえます。
ゆえに瞬発力のある馬から狙いを立てるのが妥当という理屈が成り立ちます。

スローの瞬発力勝負になるということは前で競馬をして一気にギアを加速できる馬に最も有利な展開であると言えます。例えば先行して上がり33秒でまとめられたら後ろはまず届きませんよね。
そのタイプの馬が勝ち負けになるということです。
よって、瞬発力勝負に実績のある先行馬が今回の勝ち馬だと予想します。

その条件に該当する馬が2頭います。

イナズマアマリリス
ミクロコスモス

の二頭です。

まずイナズマアマリリスですが上がり最速34秒5とミクロコスモスの上がり33秒4と比較して大きく見劣りしますがそこがそうではないのです。

ファンタジーSラップ
12.4-11.4-12.3-12.8-12.2-11.3-11.3
12.4-23.8-36.1-48.9-61.1-72.4-83.7 (36.1-34.8)

1400mにしてはかなり緩いラップです。
残り四ハロンから0.6、0.9と一気に加速して上がり34秒8。
メンバー中上がりは第二位の34秒5ですが、前前で競馬してのものですから評価できます。後は後ろからきた馬が同じ上がりで二頭、同じく後ろから来たワンカラットが最速の34秒3です。つまりスローペースの競馬の中、先行して速い上がりを使い、なお且つ勝ち切ったことに意味があります。要はアマリリスは前で運べて速い上がりを繰り出すことのできるタイプの馬であるといえるわけです。この馬より前で運んだアイデアフォーンは前走で34秒5の上がりで先行して勝ち上がりましたが、ファンタジーSでは34秒7と切れ負けしているのでイナズマアマリリスの方が瞬発力という点では上だと考えます。

もう一頭のミクロコスモスですが、新馬戦で二番手先行し、上がり33秒4でまとめるのですからこの馬の瞬発力も相当なものです。負かした二着馬が次走でレコード勝ちしていることからも能力は疑いようがありません。しかし、キャリア1戦の馬はこのレースでは二着どまりなのです。シークレットコード等。

よってキャリア豊富なイナズマアマリリスを本命に抜擢しました。

あとは赤松賞が強い内容だった上がりのあるダノンべルベールまでをチェックしておきます。

◎イナズマアマリリス
○ミクロコスモス
▲ダノンべルベール          自信度B

                                               byフラムドパシオン

| 予想 | 09:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eclipseclub.blog90.fc2.com/tb.php/35-41b90caf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。